五千人の居酒屋会場では、様々な催し物を企画しております。

 

今年は新たな試みとして、書家谷村秀格(たにむらしゅうかく)先生による「一筆入魂」を行います。

杜氏のふるさと安芸津町在住の谷村先生が、酒まつりのために、文字通り魂を込めて書を披露してくださいます。

みなさま、どうぞご期待ください!

 

【杜氏の里に暮らす着物姿の若手書家】

谷村秀格 たにむらしゅうかく。書家。1976年広島県東広島市安芸津町生まれ。着物姿がトレードマーク。「しゅうかく先生」の愛称で親しまれる。小学校時代書道を独学で始める。中学時代短歌を松田弘江氏(広島文化賞受賞)に、高校時代俳句を新馬立也氏(五色俳句会主宰)に、書道を益成政義氏(毎日書道展グランプリ受賞)に習う。書聖空海の教えを伝える種智院大学への進学後17年間京都に暮らし、その歴史・文化に学ぶ。大学在学中より日本一の伝統と規模を誇る「毎日書道展」・現代書の登竜門「奎星展」に出品、奎星展では初出品で

谷村秀格先生

谷村秀格先生

「特選」受賞、以後「奎星賞」など受賞を重ねる。ブランド関係のポスターや高級料理店の看板揮毫など多岐にわたる活動でメディアに注目される。2012年活動の場を故郷に移し、書壇と離れつつ里山・里海・古庭に囲まれた暮らしの中でとらわれのない独自の創作活動を展開する。2014年度「夢・感動推進事業(東広島市教育委員会)」講師。書道教室を開講中。

■公式ブログ http://syukaku.exblog.jp/

 

【主な活動など】

・シャネル銀座ビル最上階『ベージュ東京』イベントポスター揮毫

・『我に勝て』中国放送テレビタイトルロゴ揮毫

・京都高級創作中華『婆沙羅』看板・ロゴ揮毫

・『種智院大学大学案内』題字揮毫など多数。

※その他、『ひとくふう発見伝 元就。東広島外伝(中国放送)』・『チュートリアル×ブラックマヨネーズ天下取り宣言(関西テレビ)』・『テレビ派(広島テレビ放送)』・『イマなま3チャンネル(中国放送)』・『一文字弥太郎の週末ナチュラリスト

朝ナマ!(中国放送)』・『KUFUUR(東広島市発行情報誌)』・『月間PHP』など、各種メディア出演・記事掲載多数。